相手がマッチングアプリで浮気していた場合、慰謝料は請求できる?

マッチングアプリで浮気していた場合の対応

マッチングアプリをする既婚男性

マッチングアプリを通じて知り合った相手と浮気をしていた場合、基本的に浮気相手はパートナーがいることを知らない可能性が高いです。
相手方への慰謝料請求は困難であることを理解しておきましょう。

 

浮気をしたパートナーに対する責任追及は、マッチングアプリ経由ではない状況と共通です。
浮気をしていたことを本人に認めさせて反省してもらいたいのであれば、マッチングアプリを利用した実績だけで十分でしょう。
離婚や慰謝料請求をしたい場合は、マッチングアプリの利用実績だけではなく不貞行為をした証拠が必要です。

 

 

メッセージは証拠になる?

マッチングアプリ内のメッセージが証拠になる可能性もありますが、以下2つの問題をクリアしないといけません。

 

  • 不貞行為をしたことを立証する
  • 本人のアカウントであることを証明する

 

メッセージのやり取りは法的証拠になりますが、不貞行為をしていた明白なやり取りが必要です。
肉体関係を持ったことが分かる内容で言い逃れができないメッセージがあれば、スクショを取るか画面の写真を撮って保管しましょう。
「エッチをした」など肝心な主語が抜けている場合は、言い訳されると法的証拠になりません。

 

 

また、マッチングアプリ内でのやり取りは、ニックネームを使っているケースが多いです。
証拠を確保したい場合は、スマホの画面をムービーで撮影し、本人のスマホだと証明できる画面と紐付けするとよいでしょう。
本人アカウントの証拠がない場合、「他の人のスマホ画面を使って捏造した」などと苦し紛れの言い訳をされると法的に不利な状況へ陥ります。

 

肉体関係を結ぶ約束を見た場合

昨今はパパ活系マッチングアプリをはじめ、肉体関係を結ぶことを前提にした出会いが増えています。
肉体関係ありの出会い方をしているメッセージを見た場合でも、法的証拠にはなりません。

 

当日にドタキャンされた
結局、食事しかしなかった

 

こうした言い訳をされただけで、エッチ前提で会うメッセージは証拠としての有効性を失います。
証拠を押さえて慰謝料請求をしたい場合は、浮気調査をしてホテルへ出入りする姿の写真を撮ってもらうなど決定的な証拠確保へ向けて行動してください。

 

既婚者だと知っていた証拠

マッチングアプリを活用した浮気が発覚した場合、アプリ内の情報から相手方が既婚者だと知っている証拠がないか探してみてください。
浮気調査をして不貞行為の現場写真を抑えたとしても、相手方から「アプリで出会って既婚者の認識はなかった」と嘘の証言をされると、浮気相手への慰謝料請求が困難です。
メッセージのやり取りをチェックするほか、パパ活系マッチングアプリはプロフィール情報に既婚者であることを表示されているケースがあります。
浮気調査を活用した不貞行為の証拠と、相手方が既婚者だと知って会っていたアプリのスクショがあれば、相手方へ慰謝料請求できる可能性が高いです。

 

 

適切な行動を

将来のことを考える女性

マッチングアプリでの浮気していた場合の対応は、浮気をしたパートナーに何を求めるかがポイントです。
本人に浮気を認めさせて反省してもらいたいのであれば、マッチングアプリを使っていた事実を突きつけるだけで十分です。
自分自身もマッチングアプリに登録してパートナーにいいねを送った履歴を残しておけば、その後にマッチングアプリを続けていないか監視することができます。

 

証拠を確保して慰謝料請求や離婚の根拠にしたい場合は、適度に泳がせて浮気現場の証拠確保を目指しましょう
感情的になって行動するのではなく、将来的に有利な環境を得られるよう、マッチングアプリの特性を理解して上手に活用することが大切です。