浮気相手とのLINEやメールは写真として保管しておくと便利です。

LINEやメールは浮気の証拠になるのか

LINEやメールでやり取りした内容は、浮気の証拠として法的に認められる可能性があります。
ただし、少しでも言い訳できる要素があると、裁判になった時に証拠として認められないケースがあるので注意しましょう。
当事者に対して浮気をしていた事実を認めさせるだけなら、継続したメッセージ交換の実態を掴むのみで十分です。
不貞行為の証拠として離婚の成立や慰謝料請求を求める場合は、不貞行為をしていた事実を立証しないといけません。

 

 

LINEやメールは既読確認やインターネットを通じて相手方とメッセージをしていた明確な証拠になるので、不貞行為の確実性がある内容はスクショを保管して探偵か弁護士へ相談してみてください。
シチュエーション別に浮気の証拠として認められるパターンをまとめました。

 

 

ベッドインした写真

不倫相手とのベッドイン写真

LINEやメールもしくは写真フォルダの中に、同じベッドで裸もしくはバスローブ姿の写真が出てきた場合は、言い逃れできない決定的な証拠として認められます。
ほかにも背景からラブホテルであることを証明できる2ショット写真が有効です。

 

このほか、相手方の自宅など宿泊・肉体行為を結べる環境の写真があれば法的証拠として認められる可能性があります。
ただし、不貞行為の証拠は男女が2人きりになれば肉体関係を結ぶ可能性が高い環境にいたことを証明しないといけません。
明らかに自宅や宿泊施設での2ショット写真だった場合でも、「この時は他の友人も一緒にいた」と言い訳されると証拠にならない可能性が高いです。
写真については、裸やバスローブ姿であること。もしくはラブホテルであることを立証できる要素がないと難しいことを覚えておきましょう。

 

 

メッセージのやり取り

メッセージのやり取りは、浮気・不倫の交際をしていることだけでは法的証拠として不十分です。

 

愛している
嫁より君の方が好きだ
今の嫁と離婚したら結婚しよう

 

こうしたメッセージがあれば浮気をしていることが明白ですが、不貞行為の証拠にはなりません
不貞行為をした(肉体関係を結んだ)ことが明確なメッセージであれば、法的証拠として認められます。

 

確実な証拠事例
昨日はありがとう。○○ちゃんとのエッチは最高に気持ち良かったよ!
こっちも気持ち良かった。またラブホテル行こうね

 

上記の内容はラブホテルで肉体関係を結んだことが明白で、言い逃れする要素がありません。
他にも、

 

昨日はお酒の勢いでエッチしちゃった。だけど俺は家族が一番だからもう会えない。ゴメンね

 

こうしたメッセージであっても、肉体関係を結んだことが書かれているため、不貞行為の証拠になります。

 

法的証拠にならない事例
昨日はありがとう。こんなに激しいの初めて。すっごい気持ち良かったよ
いえいえ、頻繁には無理だけどまたやろうね?

 

こちらの事例は肉体関係を安易に想像できるものですが、肉体関係を裏付ける主語がありません
この文面を証拠として突きつけた場合、「相手が腰痛だったから腰のマッサージをしてあげただけ」などと言い訳される恐れがあります。

 

 

メール・LINEを見るメリット

スマホチェックに挑む妻

メールやLINEから法的に使える完璧な証拠を確保するのは難しいです。
浮気の確証を得ることは簡単でも、不貞行為を立証するのに必要な主語が抜けているシーンがよく見られます

 

メール・LINEを見た場合、浮気をしている確実性や次に浮気をする日時と場所の情報を得られるケースが多いです。
重要な情報を得られれば、探偵・興信所による浮気調査のスポット対応で決定的な証拠を掴めるかもしれません。
相手に浮気している可能性があり、相手にバレずにメールやLINEをチェックできるのであれば、見る価値がありますよ。

 

決定的な証拠として使える場合は、スクショを取って自分のスマホへ送付。もしくは画面の写真を撮るなどして記録しておきましょう。
法的証拠として使えない場合は、内容を頭の中に入れるかメモに記録する対応で十分です。
離婚成立・慰謝料請求を目的にした証拠が必要であれば、メール・LINEの情報を元に浮気調査を検討してみてください。